関東鉄道下妻駅にて

0 0
5132670_2217860762_38large.jpg

下妻駅は茨城県下妻市にある関東鉄道常総線の駅です。
前回紹介したような複線区間ではなく、水海道以北の単線区間内に位置します。



5132670_2217860766_155large.jpg

概ね時間当たり2本が運転され、朝夕は更に数本増えます。
ところどころで小駅を通過する快速(赤字表記)も運行されています。
TXができたことにより、東京都心との往復利便性もかなり向上したものと思われます。
小駅は冷遇してでも毎時パターンダイヤで走らせた方が沿線価値は向上しそうですが・・・



5132670_2217860765_111large.jpg

TXができたことにより取手まで利用していた乗客が守谷までになってしまい、
ライバル視するところですが、連絡切符を発売するなど良い連携が出来ていますね。
いがみ合うのではなく、TXのスピードと地の利を活かして鉄道利用を引き出す方が良いのです。
常総線の終点は下館で、フィーダー線である水戸線との接続なのでTXが常総線発展のカギを握ります。



5132670_2217860767_135large.jpg

駅周辺は活性化しているとは言い難く、まるで片田舎のローカル駅です。
列車もやはり一両編成。大量輸送の利で鉄道を活かすことはできません。



5132670_2217860768_203large.jpg

下妻駅守谷方の踏切で待っていると列車がやってきました。
フィーダー線の役割に徹するならば守谷発着で双方向に走る方がよさそうですね。



5132670_2217860776_229large.jpg

列車の交換待ちで停車していた守谷方面行きの列車(これも一両)
JR四国の車両もそうなのですが、なぜ中央だけ両開きなのでしょうか。
1両で済むようなところなら3カ所扉があるだけでも十分さばける気はするのですが。



5132670_2217860778_173large.jpg

さて、先ほどの踏切から再び守谷方面を見ます。
ポイントをよく見ると先ほど守谷からの列車が到着した開通向きのままです。
一瞬、信号がまだ変わっていないのに発車(信号冒進)したのか?と驚きます。



5132670_2217860779_21large.jpg

これが地方の鉄道でよく見られるスプリングポイント。
列車の車輪でポイントを開通方向へと割り込ませていく方式です。
列車交換(行き違い)の際に、必ず同じ進路を取る場合に採用されます。
この場合、守谷方面からの列車が下妻で守谷方へ折り返し運転をするときに
守谷から来て直接上り守谷方面へ行く線路(ホーム)には入れないので、
下り線で上り方への折り返しを行うことになります。



5132670_2217860782_251large.jpg

列車が通った直後はポイントは普段開いていない方向(反位)へ開通しています。
この状態が継続できるなら下り場面から上り線へと直接進入できそうですが・・・・・



5132670_2217860783_191large.jpg

数秒後にバネの力で元の方向(定位)へとポイントが転換されます。
ただ、なんの説明もなければこの開通方向で列車が通ったと思われるかもしれません。
このようなポイントは関東だと八高線の非電化区間でも見ることができます。
関連記事
鉄道コム 鉄道コム 鉄道コム
ページトップ